✿Eternal happiness✿
…大切なヒト。大好きなコト。をココに残していきたいな…
“パン・シュープリーズ” 手順解説。
2010.2 パン・シュープリーズ

おうちバレンタインで載せた“パン・シュープリーズ”について
お問い合わせを頂いたので簡単にご紹介



シュープリーズとはフランス語で“驚き”の意。
日本で言うビックリ箱みたいなものかな














手順はな感じ。
2010.2 パン・シュープリーズ 手順

①:丸いケーキ型を使い、プルマンを焼く要領でパンを焼く(今回は18㎝型/粉量280g)。
②:粗熱が取れたらラップをみっちりしてジップロックなどの密封袋に入れ、
  1晩冷蔵庫で寝かす(生地を固め、中を切り取る作業をし易くする為)。
③:蓋になるトップ部分クラストをスライスして切り取る。
④:底から1cm部分にパンナイフを入れ、クラストを残すように底と平行にスライスする。
⑤:④同様、横から1cm部分にパンナイフを刺し、円を描くように切る。
⑥:切り抜き完了。
⑦:均一な薄さの偶数にスライスする。
⑧:具材を挟みでサンドウィッチを作りる。
⑨:4~6等分にカットし元に戻す。







ラッピングしたら持ち寄りホームパーティにも使える
2010.2.12 パンシュープリーズ ラッピング





サンドを食べ切ったら、箱にした周りはどうするかというと…
パングラタンやシチューを入れてポットパイ風にしても
2010.2.12 パンシュープリーズ グラタン


私は島津睦子さんの“パンの本”に掲載されていた
ツァルベルブロート”で始めてこのパンを知りました。
最近では高橋雅子さんの“少しのイーストで ゆっくり発酵パン”内で
カンパーニュ・シュープリーズ”としてレシピが紹介されています。

普通のパン屋さんでもお願いすれば作ってくれるところも多く、
クリスマスシーズンになるとカイザーなどの有名どころでは予約販売を行っています。



<経験上の注意点>

・パンをケースとしても使うのでふわふわの最強力粉オンリーや薄力粉配合の生地より
 準強力粉ベースでライ麦や全粒粉を入れたどっしりとした生地の方が作りやすい。
・サンドウィッチを重ねて蓋をするので
 すぐ食べ無い場合は具材に水気の多い野菜を使うのは避ける。
・生地の切り取り時、包丁の入れる箇所を最小限少なくした方が外見が綺麗。
・蓋になるトップを均一な平面に焼き上げたい時は平焼きアンパンの要領で
 天板を型上に置いて焼き、膨らみを押さえられる。
・食べる数時間前から常温に戻しておく。(生地にふわふわ感を戻す為)。



ブログランキングに参加しています。
1日1回、↓2つをクリックしていただけるとランキングが上がる仕組みです。
宜しくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
スポンサーサイト




Copyright © ✿Eternal happiness✿. all rights reserved.