✿Eternal happiness✿
…大切なヒト。大好きなコト。をココに残していきたいな…
NO.1フォルムのブラフブレッド。
2016年7月 ブラフブレッド

ニーダーを購入後、すぐさま仕込んだ高加水食パン 『セントル』 に対し、
同じ高加水食パンのブラフブレッドは 『生クリームが余ったら焼けばいっか』 と放置していました。

それから早3か月。
ようやく生クリームが余ったので、ニーダー使用ブラフブレッドを仕込んでみることに










お粉はキタノカオリが指定され、酵母は蜂蜜と砂糖のミックスで糖分が高めなので金サフを使用。
仕込み水は水+生クリームで85%と高めなので、
以前セントル師匠にご教示いただいた時間投入法で仕込み。
セントルよりは加水低めなので捏ね上りも早く、手捏ねではたどり着けなかった超絶滑らかな生地が出来た!
                2016年7月 ブラフブレッド 成形










焼き上がり。
                2016年7月 ブラフブレッド 焼成










過去、散々角刈りを生み出したブラフブレッドですが、今回はばっちり
むしろブラフブレッドの枠を超え、今まで焼いてきた角食の中でNO.1フォルムかも(*ノωノ)
                2016年7月 ブラフブレッド フォルム










心なしか、クラムもいつもよりいい感じに見える
                2016年7月 ブラフブレッド カット










生食だともっちり感を、トーストだと生クリーム食パン特有のさっくり感を楽しめるブラフブレッド。
今回は具材モリモリの生食サンドにしましょ
(ハム×煮卵スライス×トマト×アボカド×グリーンリーフ、冷しゃぶとごぼうのサラダ×紫キャベツラペ×人参ラペ×豆苗)
                2016年7月 ブラフブレッド 具










倒れそうで倒れない、ピサの斜塔のようなサンドを早速かぶりちゃいましょう
(サンドイッチはやみくもに具材を重ねるのではなく、葉物やトマトの下処理・具材の重ね順がとても重要。
上手くいくとラップで包まなくともまとまることをニューオータニ監修のサンドイッチ本で学んだ)

2016年7月 ブラフブレッド 食う










もっちりしっとりさ、生地の甘味を感じつつ具材との馴染みも良いブラフブレッド。
ボリューミーに見えますが、意外と軽くペロリです
                2016年7月 ブラフブレッド 食


ブログランキングに参加しています。
1日1回、↓2つをクリックして応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

お世話になっている製菓材料・ラッピングの通販サイト、cottaさん。
他店にはないオリジナル製菓材料や可愛いラッピング用品が揃ってます。

スポンサーサイト




Copyright © ✿Eternal happiness✿. all rights reserved.